以下の3点を目的として、2016年8月1日に一般社団法人青少年自立支援フォーラム内に子ども発達支援室を開設しました。

 

1) 相談支援事業(特定相談支援事業・障害児相談支援事業)

障害福祉サービス等の利用を希望する障害のある方が抱える課題の解決や適切なサービス利用のため、「サービス等利用計画」を作成を行います。障害福祉サービス等を利用するためには、「サービス等利用計画」の作成が必須となります。

障害のあるお子さんが、その人にあったサービスを利用できるよう、サービス等利用計画を作成し、サービス利用の経過について、定期的にモニタリングを実施します。
詳細は、相談支援事業のページをご覧ください。

 

2) 当法人の放課後等デイサービスのご利用者・保護者の皆さまの支援

相談支援事業の枠にとらわれず、当法人の放課後等デイサービスをご利用いただいている保護者の皆さまの子育てにまつわるご相談をお受けしています。
通常、お子さんの日頃の様子を把握している各放課後等デイサービスの管理者・児童発達支援管理責任者も同席してお話をお聞きしておりますが、ご希望により子ども発達支援室の相談員だけでお話を聞くことも可能です。

事前に各放課後等デイサービスの担当者にお申し出いただければ、日程の調節をいたします。
また、放課後等デイサービスPLATZ古江で開催しております「発達障害のお子さんをお持ちの保護者の方との勉強会」の折にも対応いたします。

 

3) 放課後等デイサービス事業に関わる人材の育成

放課後等デイサービスは障がいのあるお子さんを対象にした福祉サービスです。放課後(学校の授業終了後)又は学校休業日に、障がいのある子ども達の生活能力の向上のために必要な訓練行っています。
個々の子ども達の成長を支える役割を担う指導員の質の向上は放課後デイ事業者にとって常に最大の課題です。
そのため、放課後等デイサービスのスタッフの教育及び育成支援を法人内外で行っています。

とくに、当法人の放課後等デイサービスの指導員については定期的な研修・ミーティングの機会のほか、必要に応じて個別指導の時間を設け、療育についての基本的な考え方・知識、具体的なスキルの習得の支援を行い、療育の質の向上を図っております。

 

子ども発達支援室の営業時間や所在地など基本情報は、以下をご覧ください。
↓↓
子ども発達支援室基本情報